1ページ1アフィリエイトが基本

訪問者に沢山のアフィリエイト商品を見せるために、ページ内に沢山の商品を掲載しているサイトも少なくないのですが、成功するためには「1ページ1ジャンルのアフィリエイト」というのが基本となります。

同じジャンルの商品や関係性の強い商品を、ページ内に複数掲載する事は問題ありませんが、異なるジャンルの商品を同じページに載せるのはNGです。

ランキング形式のアフィリエイトサイトや、比較サイトの場合、1ページにいくつもの商品が並ぶことになりますが、一つの商品を売ろうと思い作ったページ内で、異なる商品を紹介すると成約率が下がる結果になるかもしれません。

サイトの信頼度

ユーザに商品を購入してもらうためには、信頼度を上げなければなりません。信頼度を上げるためにはサイトを1つの分野に特化させる事が大切です。

それはページにおいても同じ事で、異なる内容の文章がページ内にいくつも存在するよりも、ページごとに内容が統一されている方が信頼度は高くなるのです。

SEOの観点からもページの分割は大切ですが、それによって1ページごとのテキスト量があまりに少なくなってしまうのは逆効果ですので注意しましょう。

アフィリエイトサイトを作る場合には、「1サイト1ジャンル、1ページ1キーワード、1ページ1アフィリエイト」という事を心がけて作っていきましょう。

SEOの観点

SEOでは、1ページ1キーワードが基本となります。これは、1つのページで複数のキーワードをターゲットにすると、それぞれのキーワードに対する評価が分散してしまうからです。キーワードの上位表示難易度や関連性によっては、2つや3つ設定しても特に問題はないのですが、基本的には1つという事になります。

アフィリエイトサイトにおいても、それぞれのページをSEOを考えながら作っていかなければならないのですが、異なるジャンルの広告を掲載した場合、キーワードを1つに絞る事ができなくなります。

こういった理由からも1ページ1アフィリエイトという事が基本となります。そうすることで検索エンジンからの評価も高まると言うわけです。

ロングテールSEOの場合

ロングテールSEOでアクセスを集める場合、キーワードの組み合わせが大切になってきますので、1ページ1キーワードにこだわる必要はありません。ビッグワードやミドルワードにおいては、複数を1ページで狙うことはほぼ不可能ですが、スモールワードであれば可能です。

ロングテールSEOを成功させるための秘訣は、テキスト量とサイトボリュームです。専門的な記事を沢山書いていれば自然と色々なキーワードの組み合わせが出来上がり、検索数は少ないが威力を発揮するロングテールSEOが出来上がります。

初心者アフィリエイターの場合、検索数が多いビッグワードやミドルワードでSEOしようとするのですが、そういったキーワードはライバルも多く、自分のサイトが埋もれてしまいます。ビッグやミドルで2ページ目になるのであれば、スモールで1位になった方がアクセスアップに貢献することも珍しくありません。