サイトやブログの記事をインデックスを早めるFetch as Google

今回はSearch Consoleの機能「Fetch as Google」の使い方について紹介していきます。この機能で新しい記事でもGoogleにすぐにクロールしてインデックスしてね!というリクエストを送る事ができるので非常に便利です。

Googleにインデックスされるまでは検索結果には表示されないので、記事を書いたら即インデックスさせるようにしておきましょう。

この「Fetch as Google」でできる事は主に2つです。

  • インデックスのリクエスト
  • レンダリングチェック

レンダリングについて簡単に説明しておくと、ブラウザを使って訪問者が見るサイトとGooglebotが見るサイトが違う場合があるため、GoogleBotにはサイトがどのように映っているのかを確認する機能です。

JavaScriptやCSS、画像などの読み込みでエラーを起こしていたりしてGooglebotが取得できない場合はその状況の詳細をチェックできるという機能。

そもそも普通の「アクセス解析」などはユーザーの数や動きを把握するツールですが、「Search Console」はユーザーではなく、主にGooglebotの動きを計測するツールというイメージを持っておけばOKです。

インデックスを急ぐ理由

まず、基本的な部分ですが、いくら記事を大量に公開しても検索エンジンにクロールされてインデックスされないと検索結果には反映されません。時間が経てば自然にインデックスされる場合が多いですが、中にはインデックスされにくいページや時間のかかるページもあります。

ただ、インデックスを急ぐ最大の理由としてはは、1秒でも早くコンテンツをインデックスさせ、自分のコンテンツがオリジナルであることをGoogleに認識してもらうという部分です。これは最近多いコピーコンテンツに対する対策でもあるという事です。

最近コンテンツをコピーされたという方も多いですが、問題になるのはオリジナルである自分のサイトよりもパクった他人のサイトが上位に表示されてしまう事もあるという点。

なので、できるだけ早くインデックスさせて自分がオリジナルであるという事をGoogleに認識してもらう必要があるという訳ですね。それではSearch Consoleの「Fetch as Google」の使い方を紹介していきましょう。

Fetch as Googleの使い方

まずはSearch Consoleの管理画面から対象サイトを選択し、左の項目から「クロール」⇒「Fetch as Google」をクリック。

fetch-1

それで新しく更新した記事(ページ)のURLを入力して「取得」をクリック。

fetch-2

ステータスが完了になったら、「インデックスの送信」をクリック。

fetch-3

「送信方法の選択」という画面になるので、通常は「このURLのみをクロールする」にチェックを入れて「送信」。

fetch-4

もう1つの選択肢「URLと直接リンクをクロールする」というのは選択したURLがリンクしている他のすべてのページもインデックスして欲しい時に使うのですが、この「URLと直接リンクをクロールする」が使えるのは1か月に10件までなので注意。

最終的にステータスが「完了」になっていればOK。

fetch-5

レンダリングのチェック方法

レンダリングは毎回チェックする必要はありません。サイトやブログで大きな変更をした場合やrobots.txt(検索エンジンのクローラにアクセスされたくないサイトのコンテンツを指定できるファイル)などを使用する場合のチェックとして使います。

Search Consoleの管理画面から対象サイトを選択し、左の項目から「クロール」⇒「Fetch as Google」をクリック。

fetch-1

それで新しく更新した記事(ページ)のURLを入力して呼び出すGooglebotの種類を選択。

fetch-7
  • PCの見え方をチェックする場合は「PC」を選択
  • スマートフォンからの見え方を確認する場合は、「モバイル: スマートフォン」
  • フィーチャーフォン(ガラケー)の見え方をチェックする場合は「モバイル: cHTML」もしくは「モバイル: XHTML / WML」

選択できたら「取得してレンダリング」をクリック。「取得してレンダリング」はちょっと時間がかかるので待ちます。

fetch-8

取得したURLの「行」をクリックすると、取得したURLの詳細を確認できます。

fetch-9
後はレンダリングタブを選択をすると結果がこのように表示されます。今回はスマートフォン表示の見え方をチェックしてみました。

fetch-10

このようにGooglebotでの見え方(左)と訪問者の見え方(右)がチェックできるので、これが大体同じであればOKです。また、下にスクロールしてみると取得できなかったり、ブロックされているリソースが表示されています。

fetch-11

レイアウトに影響するcssや画像、JavaScriptファイルがなければ問題はないです。

また、robots.txt(検索エンジンのクローラにアクセスされたくないサイトのコンテンツを指定できるファイル)などを使ってブロックしてるリソースがある場合はレンダリングで影響がないかどうかチェックしておく事をおすすめします。

次回はアクセスアップにもつながる検索アナリティクスについて解説していきます。