Googleアドセンスの広告表示許可サイトの設定でアドセンス狩り対策

Googleアドセンスの登録、申請が完了して2次審査まで合格したらまず先に広告表示許可サイトの設定をしていきます。これを設定しておかないとアカウント停止の危険性があります。今回はアドセンス狩りの説明となぜ許可サイトの設定が必要なのか紹介していきます。

広告許可サイトの設定は図解で解説していくので必ず設定しておきましょう。

広告表示許可サイトの設定が必要な理由

Googleアドセンス広告を設置する時にはアドセンスのコードを自分のサイトに貼り付ける訳ですが、サイトのソースコードっていうのは「右クリック」⇒「ページのソースを表示」をクリックすると調べる事ができます。どのようにカスタマイズしているとかどのようにSEO対策しているのかこれで調べる事ができます。

調べるだけならいいのですが、自分の使っているGoogleアドセンスのコードをそのままコピーして別サイトに貼り付ける事もできてしまいます

つまり、悪意のある訪問者が自分のアドセンスのコードをコピーしてGoogleのガイドライン違反のブログに貼り付けたり、不正に何度もクリックすると、自分のアドセンスのアカウントは規約違反になってアカウント停止になってしまう可能性があります。これが「アドセンス狩り」と呼ばれているもの。

しかも先ほど書いたようにアドセンス狩りのやり方は非常に簡単なので対策が必要になります。

Googleアドセンスのアカウントは1人1つしか取得できないため、1度アカウントを停止されるとアドセンスは使えなくなってしまいます。このようなアドセンス狩りから自分のアカウントを守るために、広告表示を許可するサイトの設定をしておく訳です。

つまり、自分のサイトだけ広告を許可する設定をしておきましょう!という事です。

広告表示許可サイトの設定方法

Googleアドセンスの管理画面から左のサイドメニューにある「設定」⇒「自分のサイト」を選択し、右上にある「+」をクリックします。

アドセンスサイト追加-3

ドメインを入力する画面になるので、自分のサイトのドメインを入力して「追加」していきます。例えばこのブログの場合は「affiliate150.com」と入力すればOK。Seesaaブログなら「○○○○.seesaa.jp」って感じですね。

%e3%82%a2%e3%83%89%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e8%bf%bd%e5%8a%a0-2

複数のサイトを設定する場合は同じ要領でそれぞれのドメインを入力して追加していきます。

以上が広告表示許可サイトの設定の方法です。面倒ですがサイトを新しく作ってアドセンスを使いたい場合はここに追加してから広告を使う事。これ必須です!

それでは次回はアドセンスの基本的な部分を紹介していきましょう。