Search Consoleへサイトマップを送信する方法

今回はサイトマップをSearch Console(ウェブマスターツール)に送信する方法を紹介していきます。

サイトマップとは?

サイトマップは簡単に言うとサイトの目次のような物でサイトの中にどんな記事やページがあるのかをリストにしたものです。

検索エンジンにサイトマップを登録すると、サイトやブログで新規の記事を公開した時に検索に反映されやすくなりますし、サイトの中にどのような記事があるのか検索エンジンに把握してもらうために設置します。

一応サイトマップには2種類あります。

  • HTMLサイトマップ:サイトの記事を見つけやすくする目次的なページ
  • XMLサイトマップ:検索エンジンにサイト内のページを通知するために設置するもの

「HTMLサイトマップ」はサイトで記事を整理というか主に「訪問者」に対して過去記事でも探しやすくするために設置する目次的なページです。

「XMLサイトマップ」は訪問者ではなく「検索エンジン」にどのような記事やページがあるのかをお知らせする物です。

今回この記事で紹介するのはこの2番目の方です。Search Consoleにサイトマップを送信して検索エンジンに新規の記事でもすぐに見つけてもらえるようにしようぜ!というイメージでいいかと思います。

サイトマップを登録することで検索結果順位がそのまま上がるわけではないですが、ブログ内のインデックスされる(検索対象となる)ページの増加が期待できるので、SEO(検索エンジン対策/検索エンジン最適化)に有効という訳です。

それでは早速Search Consoleにサイトマップを登録してみましょう。

WordPressでのサイトマップ登録方法

WordPressの場合にはプラグインを使うのが一番簡単です。

記事の公開や更新の度にサイトマップを自動生成して検索エンジンに通知してくれるプラグイン「Google XML Sitemaps」をインストールして有効化。

sitemap-1

有効化できたら「設定」⇒「XML Sitemaps」へ移動。初めての方は「検索エンジンはまだ通知されてません」と表示されているので「your sitemap」という部分を1度クリック。

sitemap-4

「Googleは変更について正しく通知されました。」「Bingは変更について正しく通知されました。」と表示されたらOK。

sitemap-5

このプラグインの他の設定も変更できますが、デフォルト(初期状態)のままでも問題はないので、これでサイトマップの通知は完了。

それとこのプラグインはバージョン4.0から自動送信になったので、Search Console側にサイトマップを登録しなくてもいいみたいなんですが、一応念のためSearch Consoleから送信する方法も紹介しておきます。

Search Consoleの管理画面で対象サイトを選択し、「サイトマップがありません」という部分をクリック。

sitemap-6

右上にある「サイトマップの追加/テスト」をクリック。

sitemap-7

サイトのURLの後に「sitemap.xml」を入力して「サイトマップを送信」をクリックして完了です。

sitemap-8

反映されるのにしばらく時間がかかる場合もあるので後は記事を更新しながら時々チェックして下さい。

sitemap-9

以上がサイトマップの作成や登録の方法です。次からはSearch Consoleの色々な機能も紹介する記事も紹介していきます。